How can we help?

Home > User Guides > Translated Guides > 日本語 > 講師用 > Turnitin Feedback Studio 講師 > レイヤーの使用

レイヤーの使用

レイヤーを使用することで複数のサービスを同時に閲覧できます。レイヤーのオン・オフは、製品ツールバーまたはアクティブなレイヤーサイドパネルのいずれかを使用して切り替えることができます。

レイヤーをオンにする

ツールバーを使用する

 

サービスツールバーによって複数のレイヤーを簡単に切り替えることができ、各サービスセクションの上側にあるレイヤーアイコンから切り替えが可能です。

 

1. アクティブ化または非アクティブ化したいサービスのレイヤースイッチの色が青、赤または紫の場合、そのサービスレイヤーがアクティブになっています。

 

オンライン評価

類似性

e-rater®

Screen Shot 2015-11-18 at 10.42.03 AM.png

Screen Shot 2015-11-18 at 10.42.22 AM.png

Screen Shot 2015-11-18 at 10.49.51 AM.png

 

2. レイヤーが黒色であれば、そのサービスは非アクティブになっています。サービスの上にある黒いレイヤーアイコンをクリックするとアクティブになります。

 

Screen Shot 2015-11-18 at 10.53.50 AM.png

 

3. 以下の例では、類似性セクションはアクティブになっていますが、オンライン評価とe-rater®は非アクティブになっています。

 

アクティブなレイヤー サイドパネルを使用する

 

1. ツールバーの一番上のレイヤーアイコンをクリックして、アクティブなレイヤーサイドパネルを開きます。

 

Screen Shot 2015-12-01 at 3.42.42 PM.png

 

2. 利用可能なサービスがチェックボックスと共に表示されます。関連するチェックボックスをクリックして、選択したサービスをアクティブ化/非アクティブ化します。

 

以下の例では、オンライン評価と類似性レイヤーがアクティブですが、e-rater®は非アクティブになっています。

 

 

以下は、全レイヤーがアクティブになっているレポートの表示画面例です。

 

注記:e-rater®は文章が英語のみのレポートが提出された際に有効となります。

You must to post a comment.
Last modified
13:41, 15 Feb 2017

Tags

This page has no custom tags.

Classifications

(not set)