How can we help?

Home > User Guides > Translated Guides > 日本語 > 講師用 > Turnitin Originality Check 講師 > クイックサブミット

クイックサブミット

クイックサブミット機能では、講師がクラスや課題を作成することなくレポートを提出し、オリジナリティーレポートを受け取ることができます。これは、講師が Turnitin を使用してto提出物のスポットチェックを行い、それらのレポートを電子的な形式にする場合に理想的です。講師が受講生にレポートを提出するように指示し、クイックサブミットを使用しないでください。

クイックサブミットへのアクセス

 

クイックサブミットを使用するには、事前に講師がアクティブにしておく必要があります。クイックサブミットはユーザー設定ページでアクティブ化されます。

 

ユーザー設定ページをアクティブ化するには、まず講師のホームページでユーザー情報リンクをクリックします。

 

 

設定ページで、クイックサブミットをアクティブ化プルダウンメニューを使用して、はいを選択します。提出をクリックすると、この設定の変更が保存されます。

 

 

\"クイックサブミット\"タブが講師のホームページに表示されるようになります。このタブをクリックすると、クイックサブミット受信箱を使用できます。

 

レポートの提出

 

講師はこの受信箱の\"提出物\"にレポートをアップロードできるようになりました。提出プロセスを開始するには、クイックサブミット受信箱の右上にある提出をクリックします。

 

 

提出の最初のステップは、提出されたレポートがチェックされるデータベースを選択することです。

 

以下が使用できるリソースです。

  • 現在とアーカイブされたインターネットの情報のデータベース

  • Turnitin への以前の提出物のデータベース

  • 学術誌、定期刊行物、および出版物の情報のデータベース

 

 

オリジナリティーレポートのソースを選択し、ソースの横にあるチェックボックスをクリックして検索します。

 

\"提出\"をクリックすると、レポート提出ページに進みます。クイックサブミットプロセスの残りの部分は、第 1 章で概要を説明した標準の提出プロセスと似ています。特筆すべき例外は、受講生はクイックサブミット受信箱を利用できないため、クイックサブミットでは講師が登録済みの受講生のためにレポート提出できないことです。全てのレポートが未登録として提出されます。提出の詳しい手順については、このマニュアルの第 1 章「レポートの提出」を参照してください。

オリジナリティーレポートへのアクセス

 

提出が完了すると、レポートの生成後に提出物に対して\"オリジナリティーレポート\"アイコンが表示されます。講師がクイックサブミット受信箱を表示している間にレポートが生成された場合、アイコンが表示されるようにするには、クイックサブミット受信箱の表示を更新する必要があります。

 

クイックサブミット受信箱は課題受信箱と同様に操作します。クイックサブミット受信箱の整理や使用について詳しくは、このマニュアルの第 1 章「課題受信箱」の情報を参照してください。

You must to post a comment.
Last modified
14:56, 28 Mar 2017

Tags

This page has no custom tags.

Classifications

(not set)