Manuals, Tutorials, and More

Home > User Guides > Translated Guides > 日本語 > Turnitin Originality Check > 講師 > 類似性チェック

類似性チェック

概要

 

Turnitin の課題に対する一般的な提出では、類似性レポートが生成されます。類似性レポートは、提出物のテキストとその課題に対して選択された検索ターゲットの間の比較の結果であり、これには無数の現在とアーカイブされたインターネットの情報のページ、Turnitin に以前に提出されたレポートのレポジトリ、何千もの定期刊行物、学術誌、および出版物のレポジトリが含まれます。検出された一致や非常に似ているテキストについては、課題受信箱で利用できる類似性レポートに詳細が記載されます。

 

1.類似性レポートにアクセスするには、最初にメインホームページにアクセスする必要があります。任意のページで、一番上にある\"全クラス\"タブをクリックしてください。

 

 

2.メインホームページで、どのクラスのクラスポートフォリオを表示するかを選んでその名前をクリックします。

 

 

3.\"アクション\"列の下の表示をクリックすると、課題受信箱に移動します。
 

類似性レポート

 

類似性レポートには、提出されたレポートで見つかったテキストと一致しているか非常に類似している領域の概要が記載されています。類似性レポートを閲覧できる場合は、課題受信箱の \"類似性\" 列にアイコンが表示されます。生成が完了していない類似性レポートは、\"類似性\" 列に灰色表示のアイコンで表示されます。利用できないレポートはまだ生成されていないか、または課題の設定によってレポートの生成が遅延している可能性があります。

 

 

注意:レポートの上書きまたは再提出によって、新しい類似性レポートの生成が 24 時間延期される可能性があります。この遅延は自動的に発生し、以前の下書きに合わせることなく正しく生成するために再提出が許可されます。

 

レポートアイコンの色は、レポートの類似性指標を示し、検出された一致や類似しているテキストの量に基づいています。パーセンテージの範囲は 0%~100%です。類似性指標は次のとおりです。

 

  • 青 - 一致するテキスト無し

  • 緑色 - 1 語から 24% の一致するテキスト

  • 黄色 - 25~49% の一致するテキスト

  • オレンジ色 - 50~74% の一致するテキスト

  • 赤 -75~100% の一致するテキスト

類似性レポートで有効なファイルタイプ

 

次のファイルタイプで類似性レポートを生成できます。

 

Microsoft Word®(DOC and DOCX)、Corel WordPerfect®、HTML、Adobe PostScript®、プレーンテキスト(TXT)、リッチテキストフォーマット(RTF)、Portable Document Format(PDF)、Hangul(HWP)、Powerpoint(PPT、PPTS、および PPS)。

 

警告:このような指標は、レポートが盗用かどうかについての Turnitin の評価には影響しません。類似性レポートは、講師が提出済みのレポートと似ているテキストが含まれているソースを見つけるために役立つツールに過ぎません。レポートが盗作であると考えられるという判断は、レポートが提出されたクラスと教育機関の標準に従って慎重に、提出済みのレポートと疑わしいソースの両方を徹底的に調べた後で行う必要があります。

類似性レポートの表示

 

類似性レポートは 4 つのモードのいずれかで表示できます。これらのモードでは、ユーザーが類似性レポートに含まれている情報を、ニーズに合わせて最適な方法で表示したり、並べ換えたりできます。類似性レポートを表示するための 4 つのモードは次のとおりです。

 

  • 一致一覧(最も近い一致を同時に表示する): Turnitin のレポジトリ内の情報と類似性がある全ての領域のレポートのリスト。一致は色分けされ、提出物と一致している語句の領域の最も高いパーセンテージから最も低いパーセンテージの順に一覧表示されます。最も一致率が高い一致だけが表示され、それ以外の全ての一致は一致内訳モードと全てのソースモードで表示されます。

  • 全てのソース: ユーザーがレポートと Turnitin レポジトリ内の特定の選択されたソースとの間の位置を閲覧できます。類似性の領域毎の一致率が最も高い一致ではなく、検出された全ての一致の完全なリストが含まれます。このリストは網羅的ですが、他の一致率が高い一致と同じか類似している領域にあるために一致一覧では不明瞭なものものも含めて、検出された全ての一致が表示されます。

  • 一致内訳: トップソースで不明瞭な一致を表示します。講師は潜在的なソースの一致事項と、トップソースの一致事項を比較できます。

  • 直接的なソース比較: 類似領域を Turnitin レポジトリ内の特定の一致と横に並べて比較して表示する詳細なビューです。全てのタイプのレポジトリとの一致に使用できるわけではありません。

 

注意:一致テキストのソースが講師としてのユーザーによって管理されるクラスの 1 つにおける受講生のレポートである場合、レポートは直接的なソース比較モードで一致テキストがハイライトされて表示されます。類似性指標では、講師に一致レポートの出典に関する情報が提供されます。類似性指標は受講生は見ることができません。

 

レポートが別の講師によって管理されるクラスで作成された場合、このレポートに直接アクセスすることはできません。レポートを閲覧するには、講師はソースへのリンクをクリックして許可要請ボタンを使用し、レポートを保有している講師による許可を要請する必要があります。Turnitin はレポートを管理している講師に要請の電子メールを自動生成します。要請が承認された場合、講師はユーザーに電子メールで返信できます。Turnitin システムでは受講生のレポートを別のユーザーが閲覧することはできません。

類似性レポートを開く

 

1.課題受信箱にアクセスするには、全クラスタブをクリックします。講師ホームページが表示されます。

 

 

2.講師ホームページで、アクセスする課題のクラス名をクリックします。クラスホームページが表示されます。

 

 

3.クラスホームページで、アクセスする課題の横の\"アクション\"列の\"閲覧\"リンクをクリックします。

 

 

4.\"類似性\" 列の下には、全体類似性指標のパーセンテージを示すアイコンが、対応する色(青から赤へのスケール)で表示されます。

 

5.前述の\"類似性\" 列で類似性のパーセンテージをクリックして、新しいウィンドウに類似性レポートを開きます。新しいウィンドウが表示されない場合は、使用している Web ブラウザ上にポップアップウィンドウを作成できるサイトのリストに turnitin.com を追加します。

類似性レポートの解釈中

 

Turnitin では作品が盗作であるかどうかはチェックしません。データベースに受講生の提出物に類似しているか、または一致しているものがないかどうかをチェックし、あればフラグを付けて講師に確認を依頼します。

課題にデータベース内の何かとの一致が見つかったとしても、問題であるとは限りません。たとえば、受講生が引用を使用し、正しく参照している場合です。類似性指標(SSI)は単に受講生のレポートにおける問題領域を認識させるだけです。講師はこれを大規模なプロセスの一部となるツールとして使用して、その一致が許容できるものであるかどうかを判断します。

 

例として、受講生が過去にレポートを Turnitin に提出したとしましょう。その提出物に受講生自身の名前を含めた場合、講師が小さな一致を除外するつもりがなければ、類似性レポートに記載されます。

 

もう 1 つの例は、受講生が対象となるトピックに関する知識がないために、大量のテキストをコピーしてレポートに貼り付ける場合です。類似性指標は 10% です。これはそのレポートに関する確固たる知識基盤を持ち、いくつかのソースから情報を収集して正しく引用を行うための十分な知識を持つ別の受講生と比較しています。類似性指標は 12% です。

 

両方の受講生のレポートで、当社のデータベースと一致が見つかります。ただし、片方の受講生は Web サイトから直接コピーし、もう片方の受講生は引用元を正しく記載しています。類似性レポートを盗用が発生した可能性があることの指標として使用し、そのような一致が許容範囲内かどうかを判断するためのプロセスの一部として使用することをお勧めします。

You must to post a comment.
Last modified
16:12, 28 Mar 2017

Tags

This page has no custom tags.

Classifications

(not set)